2008年 01月 20日 ( 2 )

696 ■100万超万馬券は、出るべくして出るもの!

小倉11Rで100万馬券が出ましたね。このブログを読んでいる常連の人は、以前のセオリーや解読法を記憶しておられると思う(この法則は現在も変わりません)。いわゆる<0.1>から<0.9>の数字が10位以下に散乱しているとき は、大波乱を呼び起こすレース だということです。

今回の小倉11Rは、その典型的な数字配列になっている。超高配当の3連単を狙うなら、軸をオレンジ線囲みの中から1頭抽出し、10位以下の馬を2頭選べば、10万はおろか100万馬券まで到達します。こういう“カタチ”のレースを発見するには、つねにRFCデータを注意深く観察するしか方法はないものです。

きょうの結果とデータチェックを公開します。
中山11R 京成杯 JPN3 15:35 芝右 2000M 16頭
結果:11-5-15 配当:馬単13,140円、3連複12,800円、3連単86,870円
c0030536_21331939.gif

京都11R 日経新春杯 G2 15:45 芝右外 2400M 16頭
結果:2-12-15 配当:馬単4,080円、3連複84,010円、3連単460,670円
c0030536_2133326.gif

小倉11R エクセル博多開設記念 1000万下 15:25 芝右 1200M 18頭
結果:11-18-13 配当:馬単63,090円、3連複203,850円、3連単1,302,520
c0030536_21335098.gif

■データ表の<*>印は、オレンジ色が基本型(初級)で、グレー色が応用型(上級)のチェックです。
 モデルチェンジしたRFCデータの解読法は、1中山・1京都開催終了後、発表します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
2008.01.20
by alleysan | 2008-01-20 21:47 | 競馬 | Comments(0)

695 ■いま、RFCが面白い!という競馬ファンが増えてきた

このブログを読まれている読者諸兄のなかに、「こりゃ、面白い」と云う方と、「なんだ、こりゃ。わからん!」という人がいる。わからん人は、そのまま「競馬は難しい」でいいんです。無理することはない。

面白いと感じる人は、「ああ、そうか」と、やがて“或る事実”に気づく。そうなれば、もうシメタもの。項目【AB】【C】【C’】【D】のどれかを“自分のもの”して馬券を組み立てる ようになる。
それが「RFC」なんですな。今日も“美味しい”馬券を射止めてください。

中山・京都・小倉のメインレースデータです。
中山11R 京成杯 JPN3 15:35 芝右 2000M 16頭
c0030536_1220212.gif

京都11R 日経新春杯 G2 15:45 芝右外 2400M 16頭
c0030536_12203277.gif

小倉11R エクセル博多開設記念 1000万下 15:25 芝右 1200M 18頭
c0030536_12204327.gif

 モデルチェンジしたRFCデータの解読法は、1中山・1京都開催終了後、発表します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
2008.01.20
by alleysan | 2008-01-20 12:21 | 競馬 | Comments(0)