2007年 11月 19日 ( 1 )

636 ■RFCの数字を、ゲーム感覚で楽しんでしまうとは!

きょう、私の馬友からこんな話を聞いて“なるほど”とうなずいてしまった。さもありなん、いまの子供さんは大人よりコンピュータ感覚が進んでいるし、頭も柔らかく、理解力も早い

その馬友の知人が昨日、ブログに掲載したマイルCSのデータで頭をひねっていたら、そばにいた息子さんがスーパーホーネットを指さして「お父さん、この馬来るよ」って言ったそうだ。

このお父さん、毎週末ブログに載るチェックなしのメインレースで競馬の予想をする。パソコンは中学生の息子さんのものだから、当然そばにいてコンピュータの指南役だ。お父さんは競馬専門紙を見たり、スポーツ紙を見たり、ブログを見たりと忙しい。

いつも同じ作業をしている父親をみて、賢い息子さんはすっかりRFCのロジックを覚えてしまった。いまじゃ親父さんより競馬が上手くなってしまったそうな。

いや驚きました。親父さんの「古い競馬の常識」なんぞ現代の息子さんには関係なし。ブログの数字配列を見るだけで、上位入着の5頭を選び出してしまうとか。これってゲーム感覚なんだな。

この話を聞いて、私も教えられました。長い間、競馬をやっていると、ついつい数字の裏側をかんぐったりすることがある。制作者の私でさえこうなのだ。それが騎手も馬も厩舎も、競馬のことなんか何も知らない子供が簡単に、「RFCの数字データ」だけで競馬を遊んでしまうとは!もっとも「RFC競馬」でなければできないことだが。

もう一度、初心にかえり、「ブログNo.597」を読みましょう。

■RFCの 詳しい解説は、左側カテゴリの「基本セオリー」をご参照ください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.11.19
[PR]
by alleysan | 2007-11-19 20:04 | 競馬 | Comments(0)