623 ■エクセルだから、RFCは色々なデータが出せる

この4月に43年ぶりに実施された全国の学力テスト。発表された文科省の分析を読むと、「知識」の問題は良いが、それを活用する力に課題がある という。いわゆる“活用力”である。

これにひっかけてモノを云うのは、たいへん恐れ多いことで恐縮だが、「RFC」に寄せられる質問をみると、「データ」を見るのはいいが、活用できていない人が多い

苦言を呈するなら、第4回東京競馬が終了し、全RFCデータが手元にきたら、少なくとも下記に列記した事項ぐらいはRFCを存分に“活用”して調べておくことだ。(京都、福島も同様に)
たとえば、
1.4東京開催の最多勝利騎手は誰?
2.1・2・3着を一番多くとった騎手のトップは誰?
3.東京で暴れる関西所属の騎手は誰?
また、1・2・3着だけ表出し(エクセルだから出来る)、<0.0~0.9>の占有率を各項目別に調べるとか、(あまりマル秘は述べたくないが)、【C】【D】に<0.0~0.9>の数字が並ぶと強力な“軸馬候補”になるとか(まだあるが、各自で分析すること)、などなど。

要するに、RFCは馬券選定の“データベース”として活かせる力を充分に秘めているのである。

※RFCの 詳しい解説は、左側カテゴリの「基本セオリー」をご参照ください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
2007.11.07
[PR]
by alleysan | 2007-11-07 21:04 | 競馬 | Comments(0)


<< 624 ■古きをたずねて新しき... 622 ■RFCサンプルの無償... >>