2053 ▼新馬券「5重勝単勝式」を考える -32-

いかに購入点数を絞るか。WIN5はその戦いである。

当たる確証のない馬券。それを誰もが承知のうえで買う。ゆえに購入点数は絞れば絞るほど、外れて悔やむ精神的負担(経済的負担?)は、軽くなる。1枚300円の<宝くじ>にしても最低購入枚数は10枚であろう。そのうちの末尾番号1枚は当たるとしても、購入資金のうち2700円は消えてしまう。当たれば話しは別だが、WIN5も同じ。まず当たらない。

1・2・3着に来る馬を4頭予想し、3連単馬券をボックス買いすると、購入資金は2400円である。言わずもがな、絶対に当たるという確証はない。なら、同じ4頭を 「1頭軸限定流しマルチ馬券」 に組みなおせば1800円で済む。ただし、限定した軸馬が4着以下なら「ハズレでもいい」という心意気で臨むことが条件。

WIN5の馬券も、この条件で立ち向かわないと購入資金は増えるばかりである。下表で示すように、WIN5馬券点数は1レース2頭が妥当な線ではないだろうか。

 WIN5 4頭ボックス例
c0030536_18321589.gif

 WIN5 3頭ボックス例
c0030536_18322649.gif

 WIN5 2頭ボックス例
c0030536_18323827.gif

例えば、4頭ボックスでなく、1頭にしぼった1着想定馬を3レースに組み込み、あとの2レースを4頭にすると、

 WIN5 1頭×3R、4頭×2Rの例
c0030536_18334615.gif

ご覧のとおり、馬券点数の多少で購入資金に大きな格差が生じる。ただ当てずっぽに組みこむのではなく、1着想定馬の点数は1レースごとに慎重に考察しなければならない。 また、1着想定馬の期待度により、組み方のバリエーションも考えるべきである。

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

 「RFCのデータ解説 および 5重勝の関連記事」は、⇒ ここ から読み進めてください。

055.gif e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2011.05.19
by alleysan | 2011-05-18 19:00 | 競馬 | Comments(0)


<< 2054 ▼新馬券「5重勝単勝... 2052 ▼新馬券「5重勝単勝... >>