2040 ▼新馬券「5重勝単勝式」を考える -29-

5月1日(日)、2回目のWIN5が実施された。じつにいい馬券である。これぞ競馬と馬券の「正道を行く」ものと実感する。

昔から、単勝は<勝負>、複勝は<投資>、連複は<ギャンブル>と云われている。プロの競馬人が<勝負>するのは単勝馬券だ。WIN5はそれがカタチとなって開花した。

JRA発表のWIN5確定経過をみると、まさに生き残りを賭けたサバイバルレースの様相を呈している。

最初のレースの発走10分前に発売が締め切られると、しばらくして発売票数が発表される。そこから1・2・3・4レースと順次に残り票数が示される。5月1日の4レース目、残り票数は6122票。5レース目で生き残ったのは316票。言い換えれば、天皇賞で②ヒルノダムールを外した票が5806票あったわけだ。配当金218万3780円は、このサバイバルレースの勝者に支払われる。

c0030536_9482864.gif

これから毎週、日曜日に行われるWIN5は、長く競馬をやってきた人間にとって非常に楽しみである。指名する馬は1頭か2頭でいい。フルゲートの出走頭数でも、ゲートからゴールまで、しっかり自分の馬を把握できる。レースの動きもよく見られる。その指名馬の動きひとつひとつが、見る側の心臓を揺さぶる。その臨場感と興奮度は、レース観戦を十分堪能できるものにした。

下表は第1回WIN5。第2回と比較すると、発売票数の差が面白い。 次回の<考える(30)>は、⇒ ここ

c0030536_9484166.gif



 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

 「RFCのデータ解説 および 5重勝の関連記事」は、⇒ ここ から読み進めてください。

055.gif e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2011.05.03
[PR]
by alleysan | 2011-05-03 08:00 | 競馬 | Comments(0)


<< 2041 ▼NHKマイルカップ... 2039 ▼複勝1万690円。... >>