<   2010年 01月 ( 39 )   > この月の画像一覧

1599 ▼穴馬オレンジの⑧グロリアスノア。あっぱれ根岸を制す

<東京競馬・結果>
1東京2 11R 根岸ステークス G3 15:45 ダート左 1400M 16頭
結果:8-9-13 配当:馬単18,350円、3連複16,330円、3連単156,290円
c0030536_17262969.gif

<京都競馬・結果>
2京都2 11R 京都牝馬ステークス G3 15:35 芝右外 1600M 15頭
結果:8-15-6 配当:馬単4,470円、3連複5,210円、3連単28,940円
c0030536_17263730.gif

<中京競馬・結果>
1中京4 11R 鳥羽特別 1000万下 15:25 芝左 1200M 18頭
結果:14-17-5 配当:馬単1,780円、3連複2,170円、3連単8,060円
c0030536_17265222.gif

東京11R 根岸ステークス。オレンジ穴馬⑧グロリアスノア、小林慎一郎騎手(29歳)の頑張りが良かった。それにしても数字のいい断層馬②は、仕掛けが遅いよ。抜け出したときはすでに手遅れだ。柴山雄一(32歳)よ、あの勇猛果敢な攻めはどこに消えたんかね?元気出してくれ!

<断層馬>に<シンクロ>、<SK>に<SD>と、いろいろな技を繰りだすRFC競馬。それがちゃんと上位に来るからRFCは面白い。えっ、なんでそうなるのかって? それは数字が持つ「傾向性」と「頻度性」なんです。これって覚えておくといいよ。

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.31
by alleysan | 2010-01-31 17:31 | 競馬 | Comments(0)

1598 ▼東京開催2日目。ごみを捨てるな。いっしょに金も捨ててるぜ

<東京競馬・予想>
1東京2 11R 根岸ステークス G3 15:45 ダート左 1400M 16頭

c0030536_12361417.gif

<京都競馬・予想>
2京都2 11R 京都牝馬ステークス G3 15:35 芝右外 1600M 15頭

c0030536_12362884.gif

<中京競馬・予想>
1中京4 11R 鳥羽特別 1000万下 15:25 芝左 1200M 18頭

c0030536_12364585.gif

競馬場へ行くと豪華な建物や近代設備にも関わらず、競馬愛好家(?)たちの行儀の悪さは相変わらずである。

地面はゴミの散らかし放題、観客席は新聞と小冊子で占拠(?)するし、本馬場の柵の根元には場所どりのビニールシート。パドックの周りは応援垂れ幕のオンパレード。馬がゴール板を駆け抜ければマークシートの束を空に放り投げる。

礼儀も節度もない連中はどうしようもないね。競馬場に何しにやってきたのか。まったく嘆かわしい限りである。これじゃ、競走馬を見に来たのに、狂騒場を見に来たようだ。こいつらはゴミと一緒に金も捨てているのである。

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.31
by alleysan | 2010-01-31 12:38 | 競馬 | Comments(0)

1597 ▼東京競馬初日。現場はいいね。三浦皇成騎手と握手。

<写真: 東京11R・東京新聞杯 ②レッドスパーダ 横山典弘騎手 >
c0030536_0152751.jpg

c0030536_7561515.jpg

c0030536_7562834.jpg

c0030536_2350229.jpg

<東京競馬・結果>
1東京1 11R 東京新聞杯 G3 15:45 芝左 1600M 16頭
結果:2-4-1 配当:馬単2,040円、3連複3,580円、3連単14,840円
c0030536_2347047.gif

<京都競馬・結果>
2京都1 11R 北山ステークス 1600万下 15:35 ダート右 1800M 14頭
結果:8-13-10 配当:馬単25,110円、3連複27,600円、3連単243,300円
c0030536_23471012.gif

<中京競馬・結果>
1中京3 11R 中京スポニチ賞 1000万下 15:25 芝左 1800M 14頭
結果:6-1-5 配当:馬単4,560円、3連複6,270円、3連単37,250円
c0030536_23471924.gif

c0030536_234749100.jpg

馬場の風景を撮っている最中に、突然、表彰台エリアに三浦皇成騎手が登場し、マスコミの写真撮りに応じていた。近くに来たので、彼の写真を撮りながら、「おお、戻ったね」と声を掛けたら、嬉しそうな顔で握手してくれたよ。騎手と握手をしたのは初めてだが、手綱を握るにしては柔らかな手のひらだった。

今日の目的は、ブログ記事に書いた「単勝オッズ」のプロジェクトを確認するためだった。ターフビジョンの単勝表示、パドックのオッズ掲示板、館内のオッズ映像などを写真に収めた。また、100円でオッズカードを買い、プリンターから10Rの単勝オッズ(人気順)のコピーも手に入れてみた。

館内の印象は、昨年に比べかなり電子化が進んだ東京競馬場だった。それにしても今日は10万人以上の観衆を集めるG1デーと違い、入場人員が3万1507人とガラ空き状態でもあった。

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.30
by alleysan | 2010-01-30 23:51 | 競馬 | Comments(0)

1596 ▼東京開催初日。今日は競馬場取材だ。

<東京競馬・予想>
1東京1 11R 東京新聞杯 G3 15:45 芝左 1600M 16頭

c0030536_1221051.gif

<京都競馬・予想>
2京都1 11R 北山ステークス 1600万下 15:35 ダート右 1800M 14頭

c0030536_12211341.gif

<中京競馬・予想>
1中京3 11R 中京スポニチ賞 1000万下 15:25 芝左 1800M 14頭

c0030536_12214149.gif

今日は東京競馬場へ初詣。今年71歳になる私だが、いくつになっても競馬場へ行くと決めた日は朝からワクワクしている。行けば思わぬ発見もあるだろうし、意外な人に出会うかもしれない。そんな想定外なことより、緑の芝生を駆け抜ける馬、砂けむりをたてて疾走する馬たちを見たい。

ところでネット競馬をやる<競馬人>は、さっそくJRA-VAN など開いて私のブログのやり方を検証してみてはいかがだろう。
東京・京都・中京の1R。レース前の単勝オッズで見た断層馬は、すべて3着内に入った。複勝間オッズ差もそれを裏付けていた。

多点数買いをすれば、どれかが当たるだろうじゃ、予想も推理もない。まっとうな競馬人として恥ずかしい。それよりパドック巡回でいい馬を見つけ、それが断層馬でオッズ差が納得するなら、複勝馬券1点2000円で勝負するほうが、粋でカッコいいぜ。余計なお世話か‥‥ (笑)。

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.30
by alleysan | 2010-01-30 12:33 | 競馬 | Comments(0)

1595 ▼男は黙って競馬に挑む。勝ち負けは顔に出さない!

いかがでした? この一週間、単オッズ分析の私見をいろいろ述べてみました。少しはお役に立てるかと思います。
ただし、感心しているだけではダメ。ブログで読んだことを過去レースで検証する。競馬に強くなるには、面倒がらず検証(馬券選定も含めた)作業を必ず実行してほしいのです。

さて、単勝オッズの読みに慣れてきたら、つぎは馬券の組み立て方を思案しましょう。

馬券種は8種あります。勝負レースの馬券は、たとえ複勝でもワイドでも必ずモノにする癖をつける。それと100円単位の馬券購入は感心しません。これに慣れてしまうと<真剣勝負>の金銭感覚が薄れます。競馬の最小単位は1000円だと思うべきです。

先輩からの苦言。競馬は 男の度胸を試される<ちば>(博打場)である ことを肝に銘じてもらいたい。

馬主も調教師も騎手でさえ、どの馬が1着になるか分からない競馬です。ましてや部外者である我々ファン、同列にいるマスコミにだって判るわけがない。競馬はなにがどうなるか分からない競技なのだから、最初から外れるのが当たり前と思ったほうがいい。競馬が好きなら、競馬にいさぎよく勝負する姿こそ、ほんとの競馬人といえるのです。

では、つぎの参考レースをご覧ください。演習問題です。勝ち馬候補が6頭います。馬券をどう組むか、しっかり考えましょう。

c0030536_1840457.gif

c0030536_1841028.gif

競馬は、来る来ないに関わらず上位3頭は馬券に反映させるべし。1・2・3着に来る上位3頭の確率は、1位(62%)、2位(53%)、3位(41%)なのです。これは私が10年分保存してあるデータでも実証されています。

さらに演習するなら、ブログNo.1593 で載せた中山競馬の参考レースをお使いください。

<演習結果>
1中山4 8R サラ系4歳上 500万下 ダート右 1800M 16頭
c0030536_19222734.gif

<演習結果>
1中山4 9R 初春賞 ダート右 1200M 16頭
c0030536_19224481.gif

<余談ですが> 懐かしい写真があったのでお見せしよう。私と師匠の写真です。こりゃまるでヤーさんだぜ。場所は東京競馬場のメモリアルスタンド。毎週二人三脚で最前列に陣取り、競馬に挑んでいました。
c0030536_1923770.jpg

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.29
by alleysan | 2010-01-29 18:54 | 競馬 | Comments(0)

1594 ▼その気にならなきゃ、獲れない馬券だぜ!

このブログによく登場する私の亡き師匠は一年中馬券を考えている人だった。競馬場ではオッズの紙切れを片時も離さず見ているし、買った馬券のレースは見ずに、すぐ次のレースを思考していた。家に帰れば競馬四季報をボロボロになるまで読んでいるというとんでもない人物である。

ブログNo.1592 に掲載したオッズ表。これを師匠が生きていたらやらせたかった。
事実、ぶらりと京都競馬場へ行き、3万8000円ついた馬連万馬券を5万円買って帰ってきた凄腕の師匠なのだ。銀座ウインズで金庫にある金が底をつきそうになって係員をあわてさせたエピソードもある。古き枠連・馬連時代の話である。

さて、もう一度先日のオッズを載せてみよう。これを調べた人はいるかしら? このレースのRFCデータはありません(RFCは6レースから最終レースまでです)。
c0030536_18521987.gif

勝ち馬はすべて断層馬です。⑤②、⑥⑩、⑨③。この番号馬の単オッズを見ていただきたい。
突然の閃きで、⑩の馬を1着軸馬にすると、3連単馬券の配当は、
c0030536_18523775.gif

身体が震えるような超高配当である。払い戻し金ランキングは歴代3位に入った。このレースは、
c0030536_1853994.gif

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.28
by alleysan | 2010-01-28 18:57 | 競馬 | Comments(0)

1593 ▼単複オッズに注目すると、レースが読み切れる。

競馬場でターフビジョンを眺めていると、突然、「人気順・単勝オッズ」 がパッと出る。次レースのオッズである。そこですかさず、上位3頭とオッズ断層馬の2頭、計5頭の馬番号を人気順にメモしておく。(人気順単オッズは、次レースの20分前ごろ、見逃さないように)

前回ブログで、確定オッズでもいいから過去レースのオッズ検証をされたし、と書いた。これはひとつにトレーニングの意味もあるが、<単勝オッズ>という数字を勉強してほしいからである。それに伴い<複勝オッズ>の勉強もできる。

下表の京都競馬11R・平安ステークス(2010.01.24)の<単複の票数>を再度ご覧いただければ、全国で単複馬券を購入するファンは多いことが判る。因みに、単勝票数1,080,268票、複勝票数1,381,583票はすごい。これだけの人が単複馬券を考えるのである。その数値は決しておろそかにできない。

c0030536_14115391.gif


この確定オッズで着目するところは、複勝(左側)の⑬<2.0>④<2.0>。この複勝間のオッズ差は<0.0>になる。普段から単勝・複勝オッズに注意を向けていると、こんな微妙な僅差までも見てとれるようになる。これは覚えておいて損はない。

<京都競馬・結果>
1京都8 11R 平安ステークス G3 15:45 ダート右 1800M 13頭
結果:4-5-7 配当:馬単3,450円、3連複3,590円、3連単19,800円
c0030536_1930475.gif

さて、それでは1月10日中山競馬3日目、6レースから12レースまでのRFCデータをご覧いただこう。12時時点の単勝オッズ(RF基準値)である。断層馬と単勝間オッズ差を太枠で囲んでみた。
c0030536_1465347.gif

c0030536_147941.gif

c0030536_1472282.gif

c0030536_1473313.gif

c0030536_1474730.gif

c0030536_148127.gif

c0030536_1481277.gif


 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.28
by alleysan | 2010-01-28 14:17 | 競馬 | Comments(0)

1592 ▼単複オッズだって、年季を入れなきゃ判らんものです

昨日のブログは、また違った角度から見た馬券攻略法の紹介でした。読者の反響もけっこうありました。きっと、この方法を今度の土日に試してみよう、そう思った人がおられたのでしょう。

ところがどっこい、生兵法は大けがのもと。ただ「断層馬」を探せばいいってもんでもない。少なくとも過去にさかのぼり、ひと開催くらいは、このやり方をいろいろ検証していただきたい。確定した単オッズでも練習にはなります。なんならRFCの過去ブログでも十分できます(RFCは、12時時点のオッズです)。

私の 競馬情報は「JRA-VAN Next」(有料) を便利に使っております。この Next は優れもので、過去レースの単複オッズが人気順で再生できます。なにもない方は、なんとか手立てを考えてみること。いずれにしても馬券研究に伴う小額の費用を惜しむようでは競馬は上手くなりません。

さて、検証で注目するところは、

(1)単勝オッズの1倍台と10倍台の境目にいる断層馬。
(2)単勝間オッズ差の<0.0~0.9>と<1.0~1.9>の最小数。


とりあえず、これで検証するといいと思います。

馬券上手になるには、とにかくレース検証の場数を多く踏むことです。
「着と 断層馬」「着と最小数」の関連を身体に叩き込むことで、競馬場のターフビジョン、ウインズのTVオッズ映像、在宅ならグリーンチャンネルのオッズ情報、競馬サイト の単勝オッズの読みや分析が即座にできるようになります。

下表が読めたら文句なし。本物のプロ馬券師です。

c0030536_2225773.gif









 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.27
by alleysan | 2010-01-27 22:11 | 競馬 | Comments(0)

1591 ▼格好いいところを見せるには、日ごろの訓練がモノを言う (後篇)

前編はウインズのTV映像までの話でした。
後篇は 単勝オッズを見る「視点」 についての話です。まずは、次の3つの表をご覧いただきたい。

1. 前回ブログで掲載したレース終了後の確定単勝オッズです。下表では右端の項目【C】になります。人気順になっています。
c0030536_0542282.gif

2. 前回、彼氏がウインズで見る単勝オッズは、項目【B】(中央)のオッズになります。
c0030536_0545324.gif

3. そして、ブログに掲載するRFCの単勝オッズは、項目【A】です。ここでは【A】も【B】も12時時点のオッズです。
c0030536_105680.gif

では、単勝オッズを見る「視点」は、どこにあるか <3.>の【R単】数値を参考例にして説明しましょう。

ご承知のように、単勝オッズは時間の経過とともに動き、順位も変動します。変動するオッズ(映像)をずっと見ていては、らちが開(あ)きません。そこで、どこかで切り取らなければ馬券の予想ができないわけです。

RFCは12時の時点で切り取ります。映像ではメモをとるか、プリンタからオッズ表をとるかです。(注: 勝負レースの直前は、やけくそ買いが侵入してきてオッズが乱れるので、2レースくらい前あたりでお目当てのレースオッズを押さえておくこと)

オッズはブロックごとに構成されています。
1.1倍台は<1.0>~<9.9>まで。
2.10倍台は、<10.0>~<19.9>まで。
3.20倍台は、<20.0>~<29.9>まで。以下は最下位へとつづきます。

さて、単勝オッズを見る「視点」の一番手は、オッズの断層(境目)です。1倍台と10倍台、10倍台と20倍台、20倍台と30倍台の断層(境目)に目を向けてください。30倍台以下は穴馬ゾーンです。
この例では、4号馬(②)と2号馬(②)です。この2頭が勝ち馬候補馬です。RFCではこれを「断層馬」と呼んでいます。このことは「シンクロ法」で詳しく説明してあります。

「視点」の二番手は、【R差】の数字です。この【R差】は、単勝オッズを人気順に置き換えたオッズ差です。
この例では、1番人気の単勝オッズが<4.1>で2番人気の単勝オッズが<4.8>のとき、単勝間のオッズ差は<0.7>(4.8-4.1=0.7)となり、2番人気と3番人気のオッズ差は<1.1>(5.9-4.8=1.1)になります。以下同じように下位につづきます。

RFCでは、この【R差】を3つのブロックに分けています。
第1ブロックは、<0.0>~<0.9>まで(青色)。
第2ブロックは、<1.0>~<9.9>まで(グレー色)。
第3ブロックは、<10.0>~<50.0>まで(オレンジ色)。以下は非表示にしてあります。
このうち第3ブロックは穴馬ゾーンです。

【R差】の数字を見て<単勝オッズ差>が狭くなっている状態の2頭が勝ち馬候補馬です。
この例では、第1ブロック(青色)の<0.0>が単勝間のオッズ差が一番狭い状態です。つまり7号(①)と4号(①)の馬です。もうひとつは第2ブロック(グレー色)では<1.1>です。ここにいる5号馬(①)が勝ち馬候補馬になります。どちらも順位が上のほうを優先します。

整理してみますと、
1.断層馬は、4号馬と2号馬。
2.【R差】の単勝間のオッズ差で狭いところにいる馬は<0.0>の7号馬と4号馬。つぎは<1.1>の5号馬と9号馬⇒優先するのは5号馬。
このうち、①と②がついている4号馬は、最優先の馬券候補馬です。
c0030536_135958.gif

「彼氏」が彼女に買ってみせた馬券は、4号馬を軸にして、2号、5号、7号馬の3連単1頭軸限定流しです。さらに予備馬券として、同じ馬番号で3連複馬券もBox(2・4・5・7)で買ったというお話です。

このレースは1月24日に行われた京都競馬の11R平安ステークスです。チェック付けや配当金などは、この日のブログをご覧ください。

馬券はこのように何の予備知識もなしに、パッとオッズを見て、さっと買うのが良い方法です。RFCなら、かなり詳しくデータを読むことができますが、ふらっと立ち寄ったウインズや競馬場で1レースだけ勝負するなら、このやり方で十分でしょう。

冒頭の<2.>項目【B】(中央)のような単勝間のオッズ差も、人気順位9位くらいまでなら、暗算で計算出来るはずです。とくに7号馬と4号馬の数字を見てください。こういう数字を見つけたら、シメタものです。

競馬場やウインズで、馬券を買わずに一度この方法を試してみてはいかがでしょう。案外、面白い競馬を経験することになると思います。名前をつければ、「有馬式即決法」とでもいいましょうか。(私はなんでも名前を付けるのが好きなんです(笑))

じつは、これ、以前ブログで書いた方法ですが、新しい読者も増えたので再度紹介しました。

余談になりますが、何年か前、女性をお連れして東京競馬場に行き、格好いいところを見せましたです。馬連が万馬券でした。払い戻しを彼女にまかせたら、5万5千円也の札束がどっと出てきたのでびっくりしたようです。当然、その配当金は彼女に差し上げましたです。ハイ。(男は黙ってサッポロ缶ビール。これ古い?)

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.26
by alleysan | 2010-01-26 01:12 | 競馬 | Comments(0)

1590 ▼ちょっとウインズに立ち寄って、ポンと馬券を当てて立ち去る (前編)

日曜日の午後、JRAウインズの前で、彼女に「競馬やってみる?」とか言って、館内で的中する馬券を買ってあげる。
こういうデートって、粋ですよ。やってごらんなさい(笑)。ただし、「外れたら、ごめんナ」くらいは馬券を買う前に言っておくこと。
c0030536_18452184.jpg

競馬新聞や専門紙を持たずとも、ウインズや競馬場で馬券を当てる。まるで手品みたいな話と思われるでしょうが、これができるのです。手品には必ずタネがあるものです。

手元に情報がない。頼りになるのは館内のTV映像に映し出される単複オッズ。これがいいんですね。数字を見て馬券を買うしかないから、否が応でも数字に集中する。

下表は、いつも見慣れている単複オッズの数字です。これで馬券を組み立ててください。
残念なのは、このオッズは確定した単複オッズであることです。実際は、狙ったレースのオッズが最初に映像に映し出されるときがいいのです。これは覚えておいてください。(出来れば館内にあるオッズプリンタからオッズ表を取り出せれば万全です)

c0030536_18375576.gif









手元に映像サンプルがないので、これでイメージしてください。これでも話は起こせます。今日は前編です。つぎのブログで後篇を物語ります。乞うご期待!

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

現在、公開中のRFCデータ解説は、ここをクリック ⇒ 「シンクロ法」をお読みください。
e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2010.01.25
by alleysan | 2010-01-25 19:10 | 競馬 | Comments(0)