3688 ▼RFC競馬2015 - 179 -  2015.10.07

 RFC (Ranking Focus) について

秋のG1シリーズのスタートです。10月4日のスプリンターズステークスは、その第一弾。
G1レースの勝ち馬予想はフツウの予想より一層力が入ります。RFC読者の方々も、データを解析する目はいつもより真剣になっているはずです。

おかげさまで<RFC>ブログは10年を経過しました。その間、競馬開催日のデータとブログ掲載は、一度も休んだことはありません。このギネスブックなみの皆勤賞は、わたくしの<自慢>のひとつであります(笑)。



 この秋のG1戦線を機に<RFC>の出来上がりまでの作業行程を少し書いてみることにしました。
皆さんが、このプロセスを知ることで、再度過去ブログを検証され、よりいっそう<RFC解読>の度合いを深めることができたなら、わたくしにとってこのうえない幸いです。


【単勝オッズ】 は、ブログ掲載までに3度ほど取得します。(複勝オッズは省略します)

・1回目(枠順)
c0030536_11245681.jpg

・2回目(枠順)
c0030536_1125868.jpg

・3回目(枠順)
c0030536_11252539.jpg

・単勝オッズを3回取得したところで、数値を整理・統合し、【RF順位】をつくります。
c0030536_1155088.jpg


【単差】 は、オッズを人気順に並べ替え、各オッズ間の数値差を出したものです。これを「単間オッズ」と云います。
私の経験則で云えば、単間オッズの数値は、<4.9>あたりまでが馬券に絡んでくることが多いのです。とくに青数字<0.0~0.9>は効力を発揮します。この数字は注視されるといいでしょう。たとえば、お手元の専門紙やスポーツ紙を見るときに有効です。

・1回目(人気順)
c0030536_12564499.jpg

・2回目(人気順)
c0030536_12565770.jpg

・3回目(人気順)
c0030536_125797.jpg


 ブログ掲載(RF順位)
「RF」の単勝オッズは、3回取得した単勝オッズを「調和平均」という関数で計算し、人気順に並べます。

勝ち馬のパターンになる「断層馬(D)」および 「単間オッズ(S)」は、信頼に値する数値です。過去のデータを検証するとわかりますが、10年間、このパターンは繰り返され実証されたものになっています。

ちなみに「断層馬」は、私が名付け親。
かなり昔の話になりますが、単オッズの1倍台と10倍台の分かれ目にいる馬が3着内に何度も来るのを見たときは、驚くと同時に、この発見はたいへん嬉しかったです。(ときに10倍台と20倍台の境目にも目を注ぐように願います)

c0030536_12573462.jpg


【A単】及び【B単】 は、単勝馬券の売れ筋を見るものです。「A単」は1回目と2回目の<プラマイ>を、「B単」は2回目と3回目を計算した<プラマイ>です。皆さんも電卓で計算してみれば単勝馬券の売れ筋がわかります。

真偽のほどは分かりませんが、インサイダー情報のような突出した数値(6番人気内)なども注意されるといいかも知れません。

c0030536_13281222.jpg


このようにして出来上がったのが、先日のG1レース、スプリンターズステークスのデータです。上表と見比べながら検証してみてください。

 G1前日予想 <4中山9>  中山11R スプリンターズS G1 芝1200M 3歳上オープン 16頭  発走15:40
c0030536_19502155.jpg


このG1前日予想のデータで(以前のも含め)右端の【最小】【+】【3・2・1】の意味がよくわからないというご指摘があったので、つぎの東京開催から下表のように修正しブログ掲載します。
c0030536_13514339.jpg


【馬券考察のヒント】

・RFCのキーワードは、「単間オッズの最小数」、「単勝オッズの境目にいる断層馬」、「単勝馬券の売れ筋を見極める」、3つです。

・馬券考察をアップするには、つねにRFCで練習を積み、馬券力を養っていくことです。

RFC競馬は、20年ほど前に競馬場で考えついたものです。動機は<確定>の掲示板。あれがパッと点灯したときの喜びや落胆の気持ちからでしょうか。なら、なんとか掲示板の5頭を選ぶシステムを考えてみようと思ったのがRFCのはじまりでございます。

子供のころは府中競馬場(いまの東京競馬場)が遊び場でした。近くで見たサラブレッドの細い脚、すごいスピードで走るお馬さんたち、厩舎から漂う馬糞のにおい、見渡すかぎり広大な緑の芝生がいまでも鮮明に脳裏に残っています。
競馬歴60年を超える私から言えることは、「RFCが手元にあれば競馬はもっと面白くなります」。また、皆さんが、ご自分で独自のデータ表をおつくりになれば、競馬はもっと面白くなるはずです。


最後にRFC読者からのメールです。

競馬暦28年になりましたが、RFCデータを超える競馬データは現在ないし今後もないと思います。これからも、お体に気をつけてのご活躍そしてRFCデータの益々の発展期待しております。

ありがとう!!


因みに、JRAは年間延べ288日(36回)の競馬を全国10ヶ所の競馬場で実施します。RFCは、その日の 8・9・10・11・12Rの単複オッズを取得し作表するので、毎年1440レース(成績・配当含む)のデータが手元に残ります。現時点で保管しているデータ数は約1万9000レース。これはたいへん貴重な統計資料となっています。

これで、この稿を終わりにしようと思ったのですが、最後の締めくくりを忘れてました。データは試合終了後の確定オッズで締めなければいけません。
c0030536_434986.jpg


では、週末にまたお目にかかりましょう。

【追記】
なお、2015年12月5日より、この原稿の冒頭で述べた1回目の取得データを人気順に並べ、公開しております。どうぞ、ご活用ください。(下表を参照)

 G1前日予想 <4中京2>  中京11R チャンピオンズカップ G1 ダ1800M 3歳上オープン 16頭  発走15:30

c0030536_8563392.jpg



055.gif e-Mail to me 
2015.10.07
by alleysan | 2015-10-07 14:54 | RFC競馬2015 | Comments(0)


<< 3689 ▼RFC競馬2015... 3687 ▼RFC競馬2015... >>