1984 ▼100万馬券が12Rにくるには、理由(わけ)がある!

ずっと昔の話になる。ちょうど競馬をはじめたころだ。家の近くに競馬通がよく行く中華料理店があった。

そこの親父さん、これまた無類の競馬好きで、週末は店のBGMがラジオの競馬中継に切り替わった。それだけに、こと競馬には詳しかった。買う馬券はメインレースと最終レースのみ。それも買うときと買わないときがあった。

その競馬名人の店主は、ばたばたと馬券は買わない。勝負レースは、一日の動きをみて決める。10Rまで順当ならメインと最終が荒れるとみて勝負する。だが朝から波乱がつづくような日は決して馬券には手をつけなかった。

あの頃だから、ケータイのような重宝なものはない。メインレース近くになると、朝早く競馬場に行った店の常連から電話がかかってくる。買うのか買わないのか、その決断を迫られる問答が面白かった。

競馬をやるなら、1Rからの動きを見るべきであろう。成績と配当を包括的にチェックしたほうがいい。この5日と6日に100万馬券が出た。それも両方とも12Rに出たものだ。この日の動きを一度検証されると、JRAの巧みな演出がわかるはずである。


<2小倉競馬3> 12R 大牟田特別 500万下 芝右 1200M 16頭  2011.02.05
c0030536_0252038.gif

c0030536_0261919.gif

<1阪神競馬4> 12R サラ系4歳上 1000万下 ダート右 1800M 16頭  2011.02.06
c0030536_0265082.gif

c0030536_027481.gif

 このブログは<横ブログ>です。前頁を見るときは横方向へスクロールしてください。
   横長PCならフル画面で 2ページ分参照できます(G1前日予想と当日結果、検証・分析など)。

 「RFCのデータ解説 および 5重勝の関連記事」は、⇒ ここ から読み進めてください。

055.gif e-Mail to me
ブログランキング・にほんブログ村へ
2011.03.08
by alleysan | 2011-03-08 00:33 | 競馬 | Comments(0)


<< 1985 ▼3月12日(土)... 1983 ▼ここ東京地方は朝か... >>